トッケビ 動画

2019年7月19日

私は、映画や動画は勿論の事、邦画や洋画(韓国、中国、台湾なども含む)や海外ドラマから日本のテレビドラマ、等々を視聴するのが大好きなんです。
それも夜中に一人でまとめてみるという生活が大好きですね(^^)/
誰にも邪魔されずに、一気見するのが快感ですね(#^^#)
なので、今まで見た作品の感想をだらだらと書き連ねていきたいと思います。

本日は、韓流(韓国)ドラマから・・・

動画の作品名は「トッケビ ~君がくれた愛しい日々~」です。
韓流(韓国)ドラマファンでこの作品を認知していない人はおそらくいないでしょうね。
「太陽の末裔」という作品の監督、脚本家が最上級のトキメキと柔らかな愛を描いた「ファンタジー・ラブロマンスです。

何といってもこの作品は韓国の主要アワード15部門を獲得しています。
最高視聴率は20.5%を記録し、百想芸術大賞にて大賞を受賞しています。

トッケビ 予告


※この作品が無料で視聴されたくなったらこちらを参考になさってくださいね。
詳細はこちら>>韓国ドラマ「トッケビ」の動画を無料で視聴できるサイトのおすすめ

トッケビ あらすじ

高麗時代の英雄だったキム・シン(コン・ユ)は、若き王の嫉妬から逆賊として命を落とす。
その後、神の力によって“不滅の命”を生きる“トッケビ”となってしまったシン。
彼を永遠の命から解き放つことができるのは“トッケビの花嫁”と呼ばれる存在ただ一人。
そして900年以上の時を経たある日、シンは女子高生ウンタク(キム・ゴウン)と出会う。
ウンタクはシンがトッケビであることを見破り、自分こそがトッケビの花嫁だと主張するが、半信半疑のシン。
一方、シンの家臣の子孫であるユ・ドクファ(ユク・ソンジェ)が勝手にシンの家を死神(イ・ドンウク)に貸し出したせいで、シンと死神の男二人の奇妙な同居生活がスタート。
そこへ親戚から厄介者扱いされていたウンタクが押しかけてきて賑やかになるシンの家。天真爛漫なウンタクと過ごすうちに、“不滅の命”の終わりを望んでいたはずのシンの心は揺らぎ始める。
同じ頃、死神はウンタクのバイト先のチキン店の社長、サニー(ユ・インナ)と出会う。
シンはウンタクに、死神はサニーに振り回されながらも、それぞれに芽生えた恋心を自覚。
やがて、シン、ウンタク、死神、サニーの4人の恋と数奇な運命が動き始める。
引用:トッケビ 公式サイト

トッケビ キャスト

コン・ユ(トッケビ/キム・シン)
キム・ゴウン(チ・ウンタク)
イ・ドンウク(死神)
ユ・インナ(サニー/チキン店の店長)
ユク・ソンジュ(ユ・ドクファ)
キム・ソンギョム(ユ・シヌ/会長)
チョ・ウジン(キム・ドヨン/会長秘書)
イエル(謎の老婆/赤い服の女)
キム・ビョンチョル(パク・チュンホン)
キム・ミンジェ(ワン・ヨ/王)
キム・ソヒョン(キム・ソン/王妃)

トッケビ 感想・評価

このドラマは2018年に大ヒットしたファンタジーラブストーリーです。
とにかくドキドキしますし、キュンキュンします。
コン・ユ、イ・ドンウク、ユク・ソンジュはとにかくイケメン三人衆ですね。
イケメン好きの女性は必須のアイテムですよね。
個人的にユ・インナは綺麗で可愛い女性です。
男性必見ですね。
キム・ゴウン、最初は眉毛が薄くてフードを被っている姿は「なぜ主役?」と思う程正直がっかりしてしまったんですが、回を重ねるごとに彼女の魅力に取りつかれてしまいました。

このドラマのもう一つの見どころは、映像美です。
風景もさることながら、CGも繊細で綺麗ですからその辺も楽しんでくださいね。

そんな役者がそろっている「トッケビ ~君がくれた愛しい日々~」
二つの恋が時代を経て盛り上がっていく不思議なドラマです。
単純なストーリーではないので、高麗時代~現在に至るまでの相関図をじっくり理解しながら視聴されることを望みます。