川崎事件 通り魔 殺人事件

2019年6月1日

2019年5月28日、朝の通勤・通学時間に衝撃の事件が発生しましたね。
無差別の通り魔事件です。
もう、本当にこのような事件が繰り返されてほしくないです。
なぜ、人間は弱いんでしょうか?
なぜ、一人で勝手に死んでくれないのか、弱者が傷つけられるのか???

川崎市多摩区のJR登戸駅近くの路上でスクールバスを待っている小学生を後ろから次々と切りつけ、周りにいた人々も巻き添えとなり、なんと19人が犠牲となりました。

わずか十数秒の出来事だったようです。
そしてその後、犯人も自殺したという事です。
現在のところ、死亡が確認されたのは2名という事です。

51歳の犯人は、無言のまま、小走りに生徒たちの背後から切りつけたという事で、全く気付くことなく被害にあっているという。
「卑怯」なやり方である。

今までの人生で色々なことがあったのかもしれないが、無関係な人々を巻き添えにするやり方はいかがなものか?
犯人の精神状況はいかがなものなのか?

今後の動向が非常に気になるところです。